ヒアロディープパッチは痛い?チクチクするのは浸透率が高い証拠?

女性なら、年齢を重ねるごとに増えてくるお肌の悩み。

エステや美容クリニックでお金を使わなくても、リーズナブルで自宅でケアできる効果的な方法があったら嬉しいですよね。

そんな、アイテムどこにあるの?

と思う方も多いかもしれませんが、今、話題になっているのがヒアロディープパッチなんですよ!

TVでも取り上げられて、世界中から注目された新技術のマイクロニードルパッチなんです。

ヒアロディープパッチは、ヒアルロン酸で作られたマイクロニードルによって、肌の奥まで成分を届けることを可能にしたアイテム。

パッチを貼るだけだから、セルフで自宅で簡単にできるんです!

ヒアルロン酸を注入することによって、

  • ほうれい線
  • 目尻の小じわ
  • 乾燥

などの、いわゆる年齢肌のサインへと直接アプローチをするおとが可能です。

でも、マイクロニードルが付いているパッチということは、もしかして「痛い?」と心配な方も多いはずです。

その点も踏まえて、ヒアロディープパッチについてご紹介したいと思います。

ヒアロディープパッチのマイクロニードル(針)のしくみと痛み

 

ヒアロディープパッチは、絆創膏のようなパッチに、ヒアルロン酸のトゲトゲが無数についているパッチです。

このトゲトゲが皮膚に刺さり溶け込むことで、肌へとヒアルロン酸を注入することができます。

肉眼では見えない200μ(ミクロン)の微少な針。

痛点には届かないように、長さも調節され、付け根が太くなっていることで、危険性も回避できるように作られています。

この微小な針によって、肌への浸透力を高め、実感力と実感スピードを速くすることができるんですよ!

でも、安心して下さいね。

決して、注射針のような痛みはありません

口コミでは、少しチクチクとした違和感を感じる方は多いのですが、我慢ができないような痛さではありません。(我慢の必要もありません)

ただし、肌が乾燥した状態で使っている方には、少し痛みを感じる方もいるようです。

でも、これは、肌の潤してからパッチを貼ることで解消できますよ!

使用者の口コミでは、「このチクチクした感覚が癖になりそう!」「浸透していくのが時間できる」などというプラスの感覚として受け取っている方も少なくありません。

ヒアルロン酸で作られている針は、5分程度で溶けて浸透していくため、自然にチクチクした感覚も時間と共になくなります。

それが、浸透している証拠ともいえるのです。

そう思うと、お手入れも楽しくなってきますよね。

このヒアロルロン酸で作られたマイクロニードルですが、他にも嬉しい成分が沢山含まれています。

ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、グリセリン、アデノシン、ユビキノン、パルミチン酸レチノール、コーン油、マンニトール、トコフェロール、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、キサンタンガム、ココイルサルコシンNa、ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11

  • プラセンタ
  • 加水分解コラーゲン

これらは、高級美容液にも含まれている嬉しい成分ですね。

これが、効率よく肌の奥へ届くと思うと、痛みも気にならなくなるのも当然かもしれません。

痛みのおかげで、パックや保湿クリームより浸透率は高くなる?

 

小さなトゲトゲのおかげで、チクチクした痛みがすこーしあるものの、肌に直接潤いを届けることのできるヒアロディープパッチ。

今まで、使用していたパックや保湿クリームと比べて、浸透率ってどうなの?って気になりますよね。

もちろん、針の長さ分、皮膚の奥まで入っているのだから、浸透率が悪いわけがありません。

今まで、皮膚の表面から徐々に浸透していたパックや保湿クリームと比べて、浸透率が違います。

もちろん、ニードルが成分で出来ているからこそ、なせる業!

溶けてなくなったニードルが、浸透を物語ってくれていますよね。

しっかりと内部まで潤いを浸透するので、クリームやパックに比べて、保水力も高くなるといえます。

しかも、このヒアロディープパッチは、毎日使用しなくても良いところも嬉しいです。

特にパックって、やれば良いことは解っていても、面倒でなかなか継続できない人も多いと思います。

でも、ヒアディープパッチは、貼って寝るだけなので、後のお手入れもとても簡単。

洗い流したり、時間を待って待機する必要もありません。

女性なら、パックや保湿クリームを長年愛用しているものがある人もいると思います。

こういったタイプの化粧品は、世にたくさん出回っています。

でも、それらの多くのほとんどは、肌の上に乗せて塗るだけのものです。

肌の上からでは、限界があるのも当然です。

塗り薬と点滴のような違いといってしまえば、少しオーバーかもしれませんが、どうせ効果を狙うなら、確実なものにしたくはないですか?

そんな希望を叶えてくれるのがヒアロディープパッチです。

少しチクチクした痛みはあるアイテムですが、試してみる価値のある商品ですよ!

ヒアロディープパッチの使えない場所!痛みを感じやすい場所!

 

ヒアロディープパッチは乾燥している場所や、お悩みの場所に、貼ってケアするだけの簡単ケア。

でも、使ってはいけない場所もあるの?と気になる方も多いはず。

多くの方は、

  • 乾燥が気になる場所
  • ほうれい線
  • ゴルゴ線
  • 目尻の小じわ
  • 眉間のしわ
  • おでこのしわ

これらに使う方が多いようです。

でも、使う場所によってもチクチクとした痛みを感じやすい場所もあるようです。

例えば、目の下のクマに使用したい場合は、ほうれい線などに比べて痛みを感じやすいようです。

口コミによると、目の周りの皮膚は薄いことが多く、チクチクした感覚が他の場所に比べて感じやすいようです。

これを踏まえると、まぶたや首などは、皮膚が薄くデリケートな場所なので、避けた方が良いといえるでしょう。

ヒアロディープパッチは、2枚1セットで入っていますが、左右対称に使用するとなると、1つのお悩みにしか貼れない計算になります。

ですが、1回で複数貼っても問題はありません。

ただし、お顔のあちこちに貼り過ぎると、肌が敏感になり痛みを強く感じることもあるため、注意が必要です。

1回に付き4枚に留めておくと良いでしょう。

お肌のケアは苦痛を伴うと、長続きできません。

結果を楽しみながら、継続して使用することがとても大切です。

急いでしまう気持ちも、同じ女性として解らなくもないですが、毎日、コツコツとケアを積み重ねていきましょうね!